レンタルドレスお勧め!…人気サイトを比較してみましたよ!

レンタルドレスのお勧め人気サイトを3つご紹介  

こんにちは、最新の “トレンド情報” をご紹介する「Recommend Style」の横山です。

今回は、レンタルドレスお勧め人気サイトを3つご紹介したいと思います。

どこでドレスをレンタルしたらいいのか迷ってる方、どうぞ参考にしてください。

ドレスも楽々ネットでレンタル!

今やネットで食料品や日用品を買い、指定した時間に指定した場所まで品物を届けてもらえるという時代。

一生に一度である自分の結婚式で着用する二次会ドレスやアクセサリー小物も、簡単にネットでレンタルできるようになり、上手に利用してる花嫁さんもたくさんいらっしゃいますね。

利用する側としては、空いている時間を有効に活用でき、莫大な数がある商品を、どこへも足を運ばずして比較検討ができてしまうので、とても便利です。

今後、もっともっと広がりを見せていくであろうネット社会です。

ところで、結婚式や二次会にお呼ばれした時皆さんは、どのようにパーティドレスやフォーマルグッズを準備していますか?

お呼ばれというのは大変光栄で嬉しいことですが、女性にはドレスアップというのが付き物で、正直準備は大変です。

同じ顔ぶれが揃うパーティが続く場合、毎回同じドレスを着るわけにはいかないけど、そんなに種類は持っていないし……

普通、1着持っているだけで相当なもんですが……

ヘアセットやネイルもしないといけないので、毎回購入する余裕は全くないし!

……という方は、レンタルドレスをお勧めします。


ドレスをレンタルするには、実際に貸衣装屋さんへ行って借りる方法と、ネット上のレンタルショップで借りる方法とがあります。

ネットのサイトやスマホがこんなにも普及する前は、新郎新婦同様、事前に試着をして手配をするというのが主流でした。

貸衣装屋さんで借りる場合、ネットに比べて衣装の選択肢があまり広いとは言えませんが、現物に見て触れて試着もできるという安心感や、スタイリストに直接気になることが相談ができるという良さがあります。

1回のレンタルであれば、レンタル料は購入金額より大幅に安く済み、その後クリーニングに出したり自宅で保管をする必要もありません。

バッグや靴などのフォーマルグッズが一緒に借りられる場合もあり、フルセット購入するよりお手軽です。

お呼ばれする度に手配をしなければいけませんが、毎回違った衣装が低コスト用意できるのは魅力的です。

お呼ばれの頻度が高めな、20代から30代の女性にとっては嬉しい限りです。

では、ネットでのレンタルというのはどのようなものなのでしょうか。

基本的には貸衣装屋さんと同じで、ドレスやフォーマルグッズを数日間借りることができます。

「レンタルドレス」と検索をすると、十数個のサイトが出てきます。

サイトによってターゲットはそれぞれで、サービス内容も工夫されております。

便利なネットレンタルですが、もちろんデメリットもあります。

どこにしていいのか迷ってしまう方も、多くいらっしゃることでしょう。

今回はそんな方のために、皆さんにお勧めできるドレスレンタルのサイトを3つご紹介したいと思います。

どうぞ、ご参考になさってみてください。

レンタルドレスのお勧めサイト【DRESSCREA・ドレスクレア】

こちらのサイト、【DRESSCREA・ドレスクレア】を最初開いたとき、サイトがシンプルで見やすく、ドレスがどれも上品という印象を受けました。

取り扱いは独自ブランドのみなので、数は少なめです。

しかし、定番のドレスは一通り揃っているので、あれこれ迷いたくない方におすすめです。

元々、メイドインジャパンにこだわった、ちょっと大人のセレモニー服というのをコンセプトにしていて、お呼ばれ服を作っていた会社がレンタルドレスショップを始められたようです。

サービスの内容からも、1点1点への思い入れの強さが、とても感じられます。

予約は2ヶ月前から可能で、レンタル期間は、1週間か2週間のどちらかが選べます。

春先から夏に向けてのウエディングのシーズンは、特に借りたいものが貸し出し中になりやすいので、早めに手配しておくと良いでしょう。

発送は水曜日のみで、返送も翌週か翌々週の火曜日と指定があるので、いつドレスが必要なのかを逆算してレンタル期間を考える必要があります。

価格帯はなんと一律で、ドレス単品の2週間レンタルは7,900円で、ドレス・ボレロ&ジャケット・ネックレス・バッグの4点セットで11,900円です。

2週間のレンタルの場合ドレスの単品価格は8,900円、セット価格は15,900円です。

4点セットというはセンスのいいコーディネートセットなので、靴以外のものが迷う事なく揃ってしまうと思うと大変お得になっています。

また、東京にある実店舗でのみ全種類の試着が可能で、2週間レンタルの方に限っては、自宅試着後の無料サイズ交換のサービスがあります。

こういったサービスから、先程書いた、ドレスをよりよく着こなして欲しいという、企業側の強い思いが伝わってくるのです。

口コミを見ていても、実際に試着をされた方のレビューが多く、満足度が非常に高いです。

実際に着用してみるとイメージが湧きやすく、スタイリストの方が適切なアドバイスをしてくれるからだと思います。

そうなってくると、レンタルドレスショップに行っても同じじゃないかという疑問が浮かぶかと思いますが、送料無料でクリーニングは不要、コンビニに持ち込むだけで返送ができるという使用後の便利さもネットレンタルの魅力なので、総合的に見てどちらがいいのかを選ぶ必要はあます。

ただ一つ気になったのが、取り扱いのサイズが9号から15号というところです。

個人的な話になりますが、私は小柄で、普段7号か5号を着用しています。

ですので、これからはサイズ展開を広げて頂くよう、是非、ご検討してほしいなと思っています。


公式サイト

レンタルドレス【DRESSCREA・ドレスクレア】

レンタルドレスのお勧めサイト【dressy・ドレッシー】

【dressy・ドレッシー】の第一印象は、カラフルでポップなデザインのドレスの取り扱いが多いなということでした。

パーティ向けのドレスの他にも、オペラ歌手の方が舞台衣装に着られているようなデザインから、購入するにはかなり勇気がいるような派手なデザインのものもあります。

種類も多岐にわたるため、借りたいもデザインが明確になっている方におすすめです。

こちらのサイトの特徴として、レンタル料金にプラス1,000円で、「予備ドレス」というサービスが利用できる点が挙げられます。

こちらのサイトの商品は試着ができないため、もしサイズが合わなかったときのために、念のためもう1着レンタルしておきませんか?…というものです。

これは安心ですね。

ネットでのレンタルならではのサービスではないでしょうか。

本来の予備の目的とは少し違うのかもしれませんが、このサービスを使えば、より安心して普段は着ないようなデザインにチャレンジできるのではないでしょうか。

サイズ展開はXSからXLまであり、マタニティー対応のドレス・ヘアーオーナメント・靴・ヌーブラなど、他のサイトではレンタル出来ないような小物まで、幅広く借りることができます。

サイト内でワード検索ができたり、お問い合わせ方法にLINEを導入していたり、SNSのアカウントもインスタグラムをはじめ複数あるようなので、若者向きなサイトだと思います。

レンタル期間や、価格帯は3泊4日で小物が380円から、レンタルドレスは4,980円から21,800円のものまであります。

一番価格の高いものが先ほども書いた、舞台衣装のようなタイプでした。

そして、もう一つ他にはないこのサイトの驚くべきサービスが、「貸し出し・買い取り」というものです。

貸し出しは、タンスの肥やしになっているドレスを誰かに貸しませんか?…というもので、今あるドレスを手放すわけではなく、人に貸してお小遣いを稼ごうという新しい発想です。

しばらく着る予定はないけど、いつかまた着る機会が来た時のために、売る事には抵抗がある…という方に嬉しいのではないでしょうか。

買い取りは、その名の通りドレッシーが買い取ってくれるのですが、買い取り後もメンテナンスをしてレンタルドレスとして使っていくため、比較的高価格での買い取りが可能のようです。

どうせ売るなら、高価格の方がいいですよね。

ドレスの状態によって条件が変わってきますが、一度査定に出してみる価値はあるかもしれません。


公式サイト

レンタルドレス【dressy・ドレッシー】

レンタルドレスのお勧めサイト【Cariru・カリル】

こちらのサイト【Cariru・カリル】はとても親切な印象です。

というのも、レンタル用品云々の前に、身長別のドレス丈ガイドや、行事毎にまとめた服装マナーなどの情報が多数特集ページとして掲載されているからです。

パーティのお呼ばれやフォーマル服を必要とする時はそう頻繁にあるわけではなく、服装マナーを忘れた頃に、また着る機会がやってくるものだと思うので、こういった特集はとてもありがたいですね。

特集のページを読み進めると、最終的には自分の着たいドレスが見つかるような誘導的な書き方がされているので、初めてお呼ばれした方や一体何を着ればよいのかと迷われている方におすすめです。

他の特徴としては、キッズやマタニティー向けのフォーマル服や、小物類まで有名ブランド品を取り扱っているという点が挙げられます。

すぐ大きくなってしまう子供こそ、レンタルをおすすめしたいですね。

キッズフォーマルシューズも数多く取り揃えられており、結婚式用だけではなく発表会の時などにも利用できます。

レンタル期間は2泊3日から90日間まで選べるようになってます。

90日間のレンタルについては利用される方が少ないのか、はっきりした金額の表示を見つけることができませんでした。

レンタル中に気に入ったものは、レンタル料を遡って差し引きお得に購入できるという制度があるので、長期間借り続けるより、購入してしまった方がいいでしょう。

ただ、数ヶ月レンタルができるということは、春の卒業・入学シーズンにフォーマルスーツを1着借りれば、2つ以上のイベントでの着回しが可能というメリットもあります。

ドレス1点のレンタル価格は、3日間の場合、3,150円から19,980円のものがあります。

高価格だったレンタルドレスは有名ブランドのもので、3日間約2万円で憧れのハイブランドを着ることができるということになります。

また、最も低価格の3,150円のドレスを3日間借りる場合、日割りにすると1日あたり1,050円で更に送料がかかってしまいます。

しかし10日間レンタルした場合、5,750円なので日割りにすると1日あたり570円になり、5,000円以上だと送料が無料にもなるため割安です。

コーディネートセットには3つのプランがあり、ドレスと羽織ものとネックレスの3点セット、さらにバッグを付けた4点セット、ブランド品でコーディネートされたプレミアム3点セットがあり、自分に必要なものだけを賢く借りることができるでしょう。


公式サイト

レンタルドレス【Cariru・カリル】

まとめ

3つのサイトを、それぞれまとめますと、


【DRESSCREA・ドレスクレア】

9号以上のドレスを探している方で、万人受けしやすいデザインのものを着たい方におすすめです。

価格やレンタルのシステムがわかりやすいので、手配が簡単なのもありがたいです。

【DRESSCREA・ドレスクレア】



【dressy・ドレッシー】

主に若者がターゲットで、派手なドレスの取り扱いが多く併せてアクセサリー類も幅広くレンタルできるので、いつもと違うデザインにチャレンジしたい方必見です。

また借りたり貸したりすることでポイントが貯まるので、利用される回数が多い方にもおすすめです。

【dressy・ドレッシー】



【Cariru・カリル】

今回ご紹介した中で一番のおススメのサイトです。

お呼ばれ用のレンタルドレスの他にもキッズ、お宮参り、七五三、謝恩会など様々なイベントに対応した衣装が借りられるので、何かと行事が尽きないママにもお子さんとセットでおすすめです。

サイト上で紹介されている服装マナーや選び方ガイドの特集ページを読めばドレス選びのヒントがきっと見つかるので、お呼ばれされたら一通り目を通しておくといいと思います。

【Cariru・カリル】


もう一つ魅力的だなと思ったのは、結婚式で新婦の親族や友人がお揃いの衣装を着る「ブライズメイド」という演出で使用するドレスの手配のしやすさです。

本来の「ブライズメイド」とは、花嫁とお揃いの衣装を着て新婦のお世話をする役割だったようなので、今の日本では少々違った形で広まっているようですが、「ブライズメイド」のメンバー同士で連絡を取り合い、ネット上でドレスの手配ができれば、新婦側もゲスト側も時間の負担が軽減されます。

【dressy・ドレッシー】と【Cariru・カリル】には、この「ブライズメイド」の特集が組まれていたので、利用されたい方は要チェックです♪


■LINK■